キャッシュパスポートとクレジットカードの違い

キャッシュパスポートはクレジットカードと比較して違いはココ

キャッシュパスポートはMaster Cardマークもついているので
クレジットカードとしての機能はあるんじゃないの?

 

そう思ってしまっている人もいるかもしれませんね。

 

でも実際は
キャッシュパスポートにはクレジット機能はないんです。
キャッシュパスポートにはクレジット機能はない!

 

マスターカードマークはどういう意味?

 

それでは
キャッシュパスポートのカード表面にある
Master Cardマークは一体どういう意味かというと、

 

提携のATMから現地通貨の出金が出来るほか
提携のレストランやおみやげ物店でのショッピングができるというものなんです。

 

Master Cardは日本では比較的JCBやVISAよりもマイナーかもしれませんが
世界中では、たくさんの提携ショップがあって一般的です。

 

そういう意味で
マスターカード提携先で使えるキャッシュパスポートは使える
トラベルプリペード式カードと言えるでしょう。

 

キャッシュパスポートは先にカードにチャージした金額を使うプリペイド式

 

キャッシュパスポートは、先に入金(チャージ)しておいた金額を
現金と同じように決済に活用できる
プリペイド式のカードになります。

 

Suica(スイカ)やICOCA(イコカ)といった鉄道系の
プリペードカードと同じ理屈で、先払い方式です。

 

クレジットカードや現金と比較してどうなの?

 

トラベルプリペイドカードであるキャッシュパスポートの特徴として

 

現金と比較すると
  • 盗難や紛失にあってもサポートがある
  •   (スペアカードがあるから旅行を続けやすい)

  • 日本から送金できる

 

クレジットカードと比較すると
  • 先払い式だから、使いすぎを防げる
  • 日本から送金できる
  • キャッシングするよりも手数料は安い

といったメリットがあると言えます。
クレジットや海外送金、現金と比較一覧

 

クレジットカードと組み合わせて使うのが大事

 

様々なメリットのあるキャッシュパスポートですが
それ単体を持っているだけでは
海外旅行を楽しむことは難しいでしょう。

 

例えば

  • ホテルのデポジットやレンタカーではクレジットカード
  • タクシーやレストランのチップ、バスは現金、
  • スーパーでの買い物やショッピングモールではプリカ、

といった具合に
クレジットや現金と組み合わせてプリカ活用
クレジットカードや現地通貨のキャッシュと
上手く組み合わせて
レストランやホテル、レンタカーやタクシーなど
シーンに合わせた使い方をするのがベストです。

 

キャッシュパスポートについて詳しく見るなら↓
>> キャッシュパスポート【トラベレックス】公式サイトへ




Tポイントも貯まるキャッシュパスポートは与信審査なし&年齢制限なし
切り替え&残高移行キャンペーン実施中!(さらに500円ボーナスチャージ)
>> キャッシュパスポート公式サイトで詳しく見る <<

関連ページ

【キャッシュパスポートのメリット】 特徴が知りたい
キャッシュパスポートにはどんな特徴があるの? トラベレックス発行の海外専用プリペードカードが持つメリットとは? キャッシュパスポートのメリット特徴を簡単にまとめてご紹介
【キャッシュパスポートの手数料は?】通貨間移動の為替レートは?
キャッシュパスポートは評判の海外専用プリペイドカードですが、各種手数料は安いんでしょうか?ATM引き出し手数料やスペアカードの発行、カード管理料、通貨から通貨への為替レートなど手数料についてまとめてご紹介
発行はどのくらいかかる?
キャッシュパスポートを海外旅行前に申し込んだ時、出発前までに使えるようになるか、気になりますよね。キャッシュパスポートを申し込んでからチャージして使えるまでの期間を調べてみました。
オンライン申し込み解説
キャッシュパスポートはオンラインで必要事項を入力するだけで申し込みが完了します。実際にどんな入力項目があるのか順番にキャッシュパスポート申し込みフォームに従って解説します。申し込みに不安を感じる方は、ぜひ参考にして下さい。